モバイルクーポンの利点|クーポンについて

モバイルクーポンの利点|クーポンの種類

モバイルクーポンが便利な点は、これまでのように切り取ったり、印刷したりという手間がなく、ただそのクーポンを携帯電話に保存しておくだけで、後は店頭に出向いたときに、保存したクーポンを見せるだけで利用できる点である。

また、家、あるいは職場、学校などの消費者のすべての生活の活動拠点や、コンビニ、小売店などの生活消費拠点、そして電車、バスなどの各拠点における移動の導線といったあらゆるところで、クーポン情報に触れることができるようになった。

これは、携帯電話が持つ特性である「いつでも、どこでも」が、クーポンの世界でも「いつでも、どこでも」手に入れることができるようになったからである。

携帯電話が持つモビリティ(移動性)を最大限に生かした情報接触になったといえるのではないか。

よって、時間が空いている時にクーポン広告を見てそのまま店頭に向かい利用することもできるし、今すぐ行けないのならその場で端末に記録し、利用するタイミングまで端末に保存して後から利用することができるのである。

現状では、端末機能である「画面メモ」に保存しておくか、企業側がユーザーから取得したメールアドレスにクーポンがいつでも取り出せるURL を案内するかの2パターンに分かれている。

次に、モバイルクーポンを提供する企業にとっての利点とはなにか。それは、「リアルタイムに情報を送信できること」、「コストの負担が少ないということ」である。

パソコンにおけるメール・マーケティングとは異なり、携帯電話端末は会員がいつも持ち歩いているため、会員がどこにいても確実に情報を送信できる。

そのため、当日限りの割引クーポンや特別メニュー、期間限定サービスのクーポンといったキャンペーンも可能である。

そして、モバイルクーポンは紙のクーポンのように印刷の手間や配布コストがかからない。そのため小規模店舗でも配信が可能である。