ダイレクトメール(DM)|クーポンについて

ダイレクトメール(DM)

DMとは…企業等から消費者にはがきや封書等で郵送される広告物で、マスコミを使った他のマーケティング方法(テレビや新聞広告)と違って、自分のメッセージを伝えるのに別の媒体を使う必要はなく、全て自分でコントロールできるもの。

DM は広告と販売が合わさったユニークな方法で、商品やサービスの宣伝、提供、そして販売を終えるところまで一度にできる。

家庭には毎日のように各種のDMが舞い込んでいる。昔は企業側が無作為に送っていた印象を受けるが、現在では特定の見込み客の発掘から顧客を探し、DMを使って販売に結び付けている。

このマーケティングシステムを使うと、営業にかかる費用と時間、人手が大幅に節約でき、加えて以前より営業成績をアップできる。

では、どのようにして特定の見込み客を発掘するのか。見込み客(顧客)とは、少なくとも一度は何らかの取引のあった人や企業ということで判断する。

つまり来店しただけの客は、顧客とは考えない。そして、そうした顧客に当てはまらない人は、顧客予備軍としてこれから顧客になる可能性が最も高い営業対象と考えればよい。このようにしてDMは配られている。

DMの利点としては、特定の人に対してメッセージ(クーポン)を届けることができることである。

比較的経費は高くつくが、もし必ず来店してくれる人だけに的を絞ることができるなら、費用効果は高いだろうと思う。